「龍が如く6」広瀬 徹の人物紹介

龍が如く6
龍が如く6
名前 広瀬 徹
出演 ビートたけし

広島の極道組織”陽銘連合会”の末端組織である”広瀬一家”の総長をつとめる男性。 見てわかるとおり、モデルになったのはかの有名なビートたけし氏である。

親戚一同が集まったときにいそうな感じの、飄々とした気のいいおじさんといった雰囲気だが、彼の言葉には不思議な含蓄とユーモアがある。 人望が厚く、「南雲 剛」宇佐美 勇太「田頭 直人」「松永 孝明」など広瀬一家の面々から慕われているようだ。

広瀬 徹の詳細 ※ネタバレ注意

巖見造船会長であり陽銘連合会会長でもある巖見 兵三の部下。 まだ14歳ぐらいのころに愚連隊をつくって暴れていたが、仲間の希望で乗りこんだ巖見造船にて仲間に裏切られる。 その際に兵三に見込まれ、裏の世界へと足を踏み入れることとなった。

兵三の部下となってしばらくたったある日、兵三から”尾道の秘密”を守るために力を貸してくれと言われ、これを承諾。 以降、外部の人間から自身の兄貴分にいたるまで、あらゆる人々を抹殺してきた。

しかしそんな広瀬も自身の息子といっても差し支えないほどに大切な南雲や松永らを殺すことはできず、なんとか見逃してもらえないかと兵三に頼み込むものの、最期は兵三に撃たれ、南雲らに見守られながら息を引き取った。

®SEGA

スポンサーリンク

みっつん

342,877 views

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽好き! マイクラやスマホゲームのプレイ日記を中心に書いていきます。ゲーム情報系記事の更新はお休み中。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧