「ポケモン サン・ムーン」グラジオの人物紹介

ポケモン グラジオ
ポケモン サン・ムーン

パッツンが段々になったような特徴的な前髪と、男性諸君が”ああ、なるほど……”と生暖かい目でみたくなるような言動が印象的な少年。 スカル団の用心棒をしている。

「リーリエ」ルザミーネらとは髪や目の色、特徴的な髪の形状など似通っており、姉弟関係にあるのではと見られている。

「タイプ:ヌル」というシリーズ初の名前に記号が入っているポケモンを連れている。

立ち姿やバトル画面での動きがとにかく個性的。 一部の男性プレイヤーは彼を見て懐かしさを感じたり恥ずかしさを感じたり、もしくはやたらかっこ良く見えたりするのではないだろうか。

グラジオの正体 ※ネタバレ注意

大方の予想どおり、ルザミーネおよびリーリエとは家族関係にある。 ルザミーネが母で、リーリエが妹。 しかし本編開始時点では、ルザミーネからは家族と思われていない。

対ウルトラビースト用につくられたポケモンであるタイプ:ヌルとともに過ごしていたが、そんな環境に反発してタイプ:ヌルをもって逃亡、一人旅を始める。

強くなりたいという考えからスカル団の用心棒を志願した。 “強くなりたい”という考えに共感したグズマからは、そこそこ気に入られている。

主人公やハウらとポケモンバトルなどで関わることで少しずつ考え方が変わっていき、他人と関わることを受け入れるようになる。 最終的には笑顔を見せてくれるようにもなった。

ちなみに彼の特徴的なボロボロ風ファッションは、暴れたタイプ:ヌルに破られたもの。 それをどうにか裁縫を覚えてファスナーなどを縫い付けて、それっぽくしている。 決して厨二病的思想からくる勘違いファッションではない……はず。

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

Recommend Posts・Ad

わいと

820,126 views

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽好き! マイクラやスマホゲームのプレイ日記を中心に書いていきます。ゲーム情報系記事の更新はお休み中。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧