「ポケモン サン・ムーン」ルザミーネの人物紹介

ルザミーネ
ポケモン サン・ムーン

本編中に登場する、環境保護ならぬポケモン保護団体である“エーテル財団”を導く代表。 モデルのようにすらりとした体型、体をかこうようにカールした特徴的な髪型、全体的に薄い色素と、なんとなく浮世離れした印象を受ける女性。

ウルトラビーストの一匹である「UB02 BEATY」見た目が似ているうえにポーズがほぼ一緒。 スカル団の用心棒をしている「グラジオ」や主人公と行動をともにする「リーリエ」らと髪型や髪の色、目の色などがよく似ており、姉弟ではないかと思われている。 はたして、それぞれとの関係は……?

「ナツメ」や「エリカ」、「シロナ」「カミツレ」などと同じシリーズ恒例美人キャラということで、プレイヤーたちからは発売前から色んな意味で人気を博している。 某イラスト投稿サイトでは、いろいろとひどい目にあってたり。

……と同時に、なかなかに怪しさ満点なその雰囲気から、エーテル財団が実は敵組織なのではないかとか、ルザミーネが黒幕なのではないかという予想も飛び交っている。

名前の由来はホウセンカのドイツ語名”Balsamina(バルサミナ)”からきていると思われる。

ルザミーネの正体 ※ネタバレ注意

案の定、いい人の皮をかぶった悪い人。 リーリエの連れている「コスモッグ」を利用してウルトラビーストを呼び出そうとしていた。 その協力者にはなんとあの人物も関わっている。

ポケモンを愛しているのは本当だが、冷凍保存して愛でるなどその愛情の方向性がかなり偏っている。 ウルトラビーストを呼び出すのも彼女なりの愛情表現であり、アローラで自由に暴れまわってもらいたいと言っている。

予想通りリーリエやグラジオとは家族関係である。 しかし姉弟ではなく、親子。 ルザミーネが母でグラジオが兄、リーリエは妹であった。 なんとあの見た目で40代だというのだから驚きである。 るざみーねさんよんじゅっさい。

家族でありながらもまともな愛情はもっていないようで、グラジオが「タイプ:ヌル」を、リーリエがコスモッグを連れて逃げてしまった時点で家族とすらみなさなくなってしまった。

最終的にはウルトラビーストの住処へと乗り込み「UB01」を捕獲、同じく乗り込んできた主人公らの前でまさかの合体を果たし、襲い掛かってくる

……異形の姿と化しておきながら、戦闘は自前のポケモンでおこなう。

ルザミーネの所持ポケモン
1回目の戦闘
・ピクシー
・ムウマージ
・ドレディア
・キテルグマ
・ミロカロス

2回目の戦闘
・ピクシー
・ムウマージ
・ドレディア
・キテルグマ
・ミロカロス

©2016 Pokémon. ©1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

Recommend Posts・Ad

わいと

820,110 views

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽好き! マイクラやスマホゲームのプレイ日記を中心に書いていきます。ゲーム情報系記事の更新はお休み中。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧