ポケモン最新作「ポケットモンスター サン・ムーン」をレビュー

ポケモン サン・ムーン

11月18日についに発売された「ポケットモンスター サン・ムーン」(以下、サン・ムーン)。 サン・ムーンは株式会社ゲームフリーク制作で、株式会社ポケモンより発売されているポケモンシリーズ最新作。 余談だが、”発売”は株式会社ポケモンで”販売”は任天堂株式会社となっている。 ちょっとややこしい。

プラットフォームは3DSシリーズおよび2DS。 それ以前の、DSシリーズは対応していないことに注意。

前作「ポケットモンスターX・Y」(以下、X・Y)からマップやキャラクターなどが3Dポリゴンとなり、その次の「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」(以下、OR・AS)でクオリティがぐんと上がった。

そして本作はそれを更に進化させたうえに、グラフィック面だけでなくシステム面などにもかなり力が入っている。 今回はそんなシステム面に重点を置いたレビューをお届けしようと思う。

いつでもポケモンに乗れる”ポケモンライド”

サン・ムーンからの新システムであり、後述するポケファインダーと並ぶサン・ムーンの代表的要素。 いつでもどこでもポケモンを呼び出して乗ることが可能で、徒歩では行けない場所などに行けたりする。 そこそこのはやさを誇るため、通常時の移動方法としても役に立つ。

乗れるポケモンの種類は決まっているため、お気に入りのポケモンがポケモンライドの対象でない場合は残念ながら乗れないものの、”なみのり”や”そらをとぶ”以外でポケモンに乗って移動できるというのは、なかなか楽しいものだ。 特に意味もなく乗ってみたくなる。

ちなみに、ポケモンライドで乗れるポケモンと手持ちのポケモンは別であることに注意。 対象のポケモンを捕まえたから乗れるというわけではない。

ところで体験版のときから思っていたことだが、街中でケンタウロスに乗って爆走するのは正直迷惑どころの話ではないような気がする。 スカル団すら真っ青な迷惑っぷりだろう。 まぁ、そこは気にするところではないのかもしれないが……。

ポケモンスナップを彷彿とさせる”ポケファインダー”

ポケモンライドに並ぶ新要素“ポケファインダー”。 マップに点在する”ポケファインダースポット”にてロトム図鑑を使用し、野生のポケモンたちを撮影できる。 今では知らない子供たちの方が多いであろう、「ポケモンスナップ」を彷彿とさせる要素。

写真を撮影すると、その写真を評価してもらうことができる。 評価点は累積され、ある一定値に達するとポケファインダーがバージョンアップされ、ズームなどの新機能が解除されていく。

どれだけ可愛かったりカッコイイ写真が撮れるか、一箇所で粘り続けてしまうこともある。 なにげに”野生のポケモン”を明確に意識でき、その生態系をプレイヤーが感じ取れる初の要素。 ポケモンを身近に感じられるという点でも、非常にいい要素だといえるだろう。

ポケモンたちが集まる楽園”ポケリゾート”

ボックスに預けられたポケモンたちが暮らす場所“ポケリゾート”。 捕まえたはいいものの預けているだけのポケモンが可哀想とか、そういう思いがあった人にとってはまさに救いの要素である。 私もそんな中のひとりだった。

ポケリゾートにはいろんな種類があり、種類によって起きることが変わる。 例えば最初から使える”のびのびリゾート”ではいつの間にか新しいポケモンが仲間になることがあるし、後々解放される”どきどきリゾート”では貴重な道具が手に入ったりする。

リゾートの発展はポケモンをたくさんボックスに預けることによって可能となるので、がんがん捕まえてがんがん預けよう。 預けっぱなしでもリゾートで楽しく暮らしていると考えれば、あまり心も痛まなくてすむだろう。 ……まあ、たまには手持ちに加えて、連れまわしてあげてもいいのではないかと思う。

オシャレにキャラクターを着飾る”ファッション”

ここから少しポケモンたちから離れた要素を紹介する。 X・Yで好評だった、プレイヤーキャラクターの着せ替え。 OR・ASではリメイクであるという都合からか廃止されていたこの要素が、本作で復活した。

帽子、服、靴の他に髪型や目の色なども自由に変更が可能。 日本人らしい黒髪黒目でもいいし、外国人っぽいブロンドヘアーに青い瞳などにするのもいい。 元気いっぱいなノースリーブもいいし、少し落ちついた色のTシャツにしてみるのもいい。

プレイヤーそれぞれのオシャレを演出できるので、服選びだけでもなかなか時間を使ってしまう。 しかもこれだけでは終わらない。 後述する“フェスサークル”では、なんと服の色を変更することができる。 これにより、X・Y以上に自由な組み合わせが見つかるだろう。

あらゆるプレイヤーと交流できる”フェスサークル”

ローカル通信もしくはインターネット通信を利用することで、身の周りの人や世界中の人々と交換や対戦を行うことができる。 それだけでなく、フェスサークルでは人々のお願いを聞いたり、たくさんのプレイヤーが協力して同じ目標にいどむ“アトラクション”をこなすことで“フェスコイン”が入手可能だ。

フェスコインを使用すれば貴重なアイテムが購入できたり、服の色を染め直したりできる。 積極的にフェスサークルを利用し、心ゆくまでサン・ムーンを満喫しよう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。