「バトルフィールド1」突撃兵の運用方法、ガジェットの効果などについて

バトルフィールド1

突撃兵は攻撃一辺倒な兵種。 装備はすべて攻撃系で、ガジェットには対人もしくは対戦車に特化したものが揃っている。

攻撃性能の高さと引きかえに生存能力および継戦能力はダントツで低く、単独で行動しているとすぐに近接武器以外の選択肢がなくなってしまう。 所属した分隊が突撃兵オンリーだった場合の絶望感といったら……。

突撃兵は前線を押し上げる役割をもつ。 時には単独行動をすることもあるだろうが、基本的には複数の突撃兵で集まって、拠点を順々に制圧していくという流れになる。 やられてから復活して前線にもどるまでのタイムロスを防ぐためにも、看護兵が一緒にいると心強い。

突撃兵のガジェット紹介

対戦車地雷

その名のとおり、対”戦車”用の地雷。 突撃兵のガジェットの中では群を抜いて威力がたかく、一瞬で戦車を破壊することができる。

しかし設置型であるうえに地雷の上を通ってくれないとほぼ意味をなさないため、直撃させるのがなかなかに難しい。

拠点を制圧にきた戦車の移動ルートを先読みして置くといいだろう。 もしくは市街地などでせまい通路などに設置しておけば、直撃も多少は容易になる。

重戦車を破壊するのに必要となる数 : 2個

対戦車グレネード

戦車などの乗り物系を攻撃するのに向いたグレネード。 乗り物に対する攻撃力がたかい反面、歩兵に与えるダメージは通常グレネードよりも低めとなっている。 流石に足元で爆発させれば一撃だが。

戦車をもっとも手軽に攻撃できるガジェット。 ある程度の飛距離があり、隠れながら攻撃でき、自身の位置も気取られにくい。 しかしその他のガジェットと比べれば威力はひくめなので、自分だけで戦車ひとつを潰すのは困難だろう。

重戦車を破壊するのに必要となる数 : 5個

ダイナマイト

採掘現場などで使用されるダイナマイト。 L2で投げてR2で爆破という手順が必要となるガジェット。 地雷よりは使いやすいがグレネードより使いづらい。

自分で爆破しないといけないというのは欠点でもあり、また自分の思うタイミングで爆破できるという利点でもある。 戦車を破壊するのに使うだけでなく、歩兵集団の一掃なども上手くやれば可能。 ラッシュでは爆弾の開所にきた敵を吹き飛ばすといった使いかたも。

バトルフィールドではダイナマイト(過去作では“C4”など)を車に乗せて戦車に突撃、衝突前に降りて戦車にぶつかるタイミングで起爆するという“C4特攻”なる技があったのだが、本作では車系統のポップ数が少なくかなりやりづらくなっているように感じる。

重戦車を破壊するのに必要となる数 : 4個

対戦車ロケットガン

ロケットミサイルを発射するガジェットで、つまりは“ロケットランチャー”のこと。 今までと違い匍匐状態でないと発射できないうえに、歩兵への攻撃力もそこまで高くない。

携行数が4発とそこそこ多めながら突撃兵のガジェットの中で車両攻撃力はもっとも低いため、わりと微妙な立ち位置のガジェットである。

しかしその他のガジェットと違ってそれなりに遠距離から攻撃できるという利点があるため、危険を侵さずに洗車を攻撃するにはもってこいとも言えるだろう。

発射から着弾までの弾道がかなり目立つため、一箇所にとどまっての連発はご法度。 高確率で戦車や歩兵にバレて狙い撃ちされるので、一発ごとに少し移動して、自身の位置を悟らせないようにするといい。

重戦車を破壊するのに必要となる数 : 7発

© 2016 Electronic Arts, Inc.

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。