「ペルソナ5」奥村 春の人物紹介

ペルソナ5
ペルソナ5
名前 奥村 春(オクムラ ハル)
声優 戸松 遥
加入時期 第7章
所持ペルソナ ミラディ→???
アルカナ 女帝

主人公と同じ”秀尽学園高校”に通っており、新島 真と同じ高校3年生。 大手外食メーカーの社長令嬢という、一見馴染めなさそうな生い立ちではあるものの、コミュニケーション能力が高いため上手く溶けこんでる。

しかし生まれ育った環境のせいかあまり人間関係というものに興味がなく、他人との付き合いは基本的に”上辺”で済ませてきたとか。 価値観の問題であって、春自身の性格がわるいとかそういうことではなく。

怪盗時のコードネームは“ノワール”。 いいトコのお嬢様というだけあって、コスチュームも一風変わった貴族風な感じ。 “怪盗ゾロ”に似た感じでもある、特に仮面が。 ゾロのペルソナを持っているのはモルガナだが。

奥村 春の詳細(ネタバレにつきクリックで展開)
◆セントラル街で利用できるハンバーガーショップ”ビッグバン・バーガー”を経営する外食大手”オクムラ・フーズ”の社長である「奥村 邦和」の娘

◆主人公らと喧嘩分かれしたモルガナが単独でパレスの挑んで返り討ちにあったところに居合わせ、彼を拾って介護する。

その後は”父を改心させたい(してほしい)”という気持ちとモルガナとの利害の一致により、仮覚醒したペルソナを使い、共にパレスを攻略しようとする。

“そのうち帰ってくるだろう”と考えオクムラパレスを攻略していた怪盗団の前に”美少女仮面”としてモルガナと共に登場し、紆余曲折を経て主人公らと行動を共にするようになる。

シャドウ奥村から語られた内容に激昂した春はペルソナ「ミラディ」に覚醒。

オクムラパレスを攻略後、改心させたと思っていた奥村が何者かの手により”廃人化”、元々体が弱かったことからその反動で死亡。 父の死の真相を知るため、そして”世直し”を手伝うために怪盗団の仲間となる

ペルソナ「ミラディ」について

春のペルソナ「ミラディ」は、有名な小説”三銃士”に登場した女性「ミレディー・ド・ウィンター」が元ネタと思われる。

三銃士といえば、海外において映画化も度々されており、”〇〇三銃士”といった感じで何かしらのタイトルに含まれることも多いため、一度は耳に、もしくは目にしたことがあるだろう。

ダンスパーティーにお忍びで参加した貴族といった出で立ちをしており、顔と思われる部分は手に持った仮面らしきものがあるだけ。 ……手がつりそう。

一見優雅で攻撃性も感じられないが、そのふわっとしたスカートの中にはとんでもなくゴツい武器が隠されてるとか。 何が出てくるかは、実際にプレイしてのお楽しみ。

ミラディの習得技(ネタバレにつきクリックで展開)

LV 38:テトラカーン
LV 42:念動ブースタ
LV 44:マカラカーン
LV 48:雨に唄えば
LV 52:サイダイン
LV 54:精密射撃
LV 58:ワンショットキル
LV 60:アムリタシャワー
LV 64:マハサイダイン
LV 68:急所打ち
LV 73:念動ハイブースタ
LV 75:ヒートライザ

その他のペルソナ5キャラクターの情報は、本記事下の“RECOMMEND”よりご覧いただけます。

©ATLUS ©SEGA

Recommend Posts・Ad

わいと

820,118 views

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽好き! マイクラやスマホゲームのプレイ日記を中心に書いていきます。ゲーム情報系記事の更新はお休み中。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧