PS4でマインクラフト! PC版とコンシューマ版の違いは?

Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141226015523

PC版とコンシューマ版。プラットフォームが変わっただけじゃありません。いろんな違いもあるんです。一体どんな違いがあるんでしょうか? それを一緒に見ていきましょう。

タイトルからゲームを始めるまで

最初に書いたとおり、PC版とコンシューマ版の間には、些細なことから結構重要なことまで様々な違いがあります。

タイトル
ワールド選択

上がタイトル画面。下がワールド選択画面です。タイトルはあまり違いがありませんが、ワールド選択画面は全然違いますね。

スポンサーリンク

タイトル画面

まずはタイトル画面の説明から。

タイトル画面の項目

・プレイする
その名のとおり、ゲームをプレイします。

・ランキング
ゲーム内でのブロック掘削数や、農作物の収穫数などを世界の人々と競います。

・ヘルプとオプション
操作方法を見たり、ゲーム内のいろんな設定を変更できます。

・Minecraft ストア
マインクラフトの追加コンテンツ(テクスチャやスキン)を購入できます。

 
タイトル画面のPC版との違いは、ランキングMinecraftストアですね。

ランキングは、しばらく遊んでから、ふと思い出したときに自分の順位をみて一喜一憂すると楽しそうです。気づいたら、思わぬ順位にはいってたりするかも。

長いこと遊んでマインクラフトの風景に飽きてきたなら、ストアで追加コンテンツのテクスチャやスキンを手に入れて、気分転換をはかるのもいいでしょう。

ワールド選択画面

続いて、ワールド選択画面の違い。こちらは結構あります。見た目もたしかに違いますが、その他のオプションがその最たるものでしょう。

ワールド選択画面の項目

・ゲームモード
サバイバルクリエイティブの2種類があります。マインクラフトをとことん楽しみたいならサバイバル。建築だけを楽しみたいなら、クリエイティブを。

・難易度
ピースイージーノーマルハードの4種類。難易度が上がるほど敵が強くなります。ピースは敵モンスターが出てこなくなる、平和で素敵な難易度。お好きな難易度でどうぞ。

・テクスチャパック
たくさんの種類のテクスチャがありますが、ほとんどは追加コンテンツです。Minecraftストアなどから手に入れましょう。

・オンラインゲーム
マルチプレイを可能にするための項目です。ここにチェックを入れてゲームを始め、ゲーム内から招待すれば、それだけでマルチプレイができます。

・その他のオプション
ゲームやワールドに関する様々な設定ができます。

・ロード
ワールドデータを読み込んでゲームをプレイします。

さて、数多あるうちで最も素敵(と、筆者が勝手に思っている)な変更点。そう、マルチプレイの簡易化! やり方は前述した通り! PC版ではこうはいかないですよ!!

サーバーのたちあげとかポート開放とか、色々面倒ですからね。

↓サーバーたちあげからポート開放までの解説ができました。よかったらどうぞ!
マインクラフトでマルチプレイをするために! サーバーのたてかたからポート開放まで解説!

それと、コンシューマ版だからこその、画面分割でのマルチプレイもできます。コントローラを持ち寄って、皆集まってマインクラフトを楽しめますよ。

その他のオプションですが、この中の設定をいじるのは、ゲームにだいぶ慣れてからになると思います。初めてプレイする時は、中を見ても何がなんやらだと思いますので。

Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230201200 Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230201209

シードは、ワールドの識別番号のようなものです。

ワールド選択画面の、シードの横に記載されている数字を入れてワールドを生成すると、それと同じ地形のワールドが生成されます。

あとは、ロードを押せばゲームスタートです。

ゲーム内はどんな感じ?

Minecraft: PlayStationR4 Edition_20141226015523

さて、ゲーム内はどんなところが違うのでしょうか?
ちょこっとした違いもありますが、大きく違っている部分がふたつ。

操作方法の違い

まず、当然のことではありますが、操作感が違います。PC版がマウスとキーボードなのに対し、こちらはコントローラですからね。

左スティックで移動し、右スティックで照準を動かす。いわゆるFPSの操作です。
スティックで移動することが出来るようになったおかげで、移動スピードをある程度自分でコントロールできるようになりました。

連続してブロックを置いたりしていく時に、スピード調整出来るのはありがたいです。

ブロックを置いたり壊したりするのはL2・R2トリガー。ジャンプは☓ボタンで、スニーキングはR3(右スティック押し込み)ですよ。設定で、ボタン配置などもすこしですが変えられます。

コントローラひとつで基本的なすべての操作ができるので、こっちの方が遊びやすいという人もたくさんいるんじゃないでしょうか? 私もそんな中のひとりです。

道具の作り方

次に、道具制作画面です。コンシューマ版は、PC版よりも格段に使いやすくなってると個人的には思いましたよ!

実際の画面はこんな感じです。

Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230200349 Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230200420
Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230200404 Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230201844
Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230201849 Minecraft: PlayStation®4 Edition_20141230201912

複数のタブが存在し、それぞれのタブの中から、作りたいものを選んで作成するという流れですね。

PC版との違いは、現在作れるものを全て見ることができ、なおかつ作成に必要なアイテムが一目瞭然であるということです。作りたいものがあるけどレシピがわからない、なんてことはなくなりましたね。

ただ、レシピを手探りで見つけるという楽しみは失われていますので、嫌な人もいるかもしれません。

大まかな違いは以上です。その他細かな違いもありますが、それは実際にプレイして、ご自身で探してみてください。

それもまた、楽しみのひとつだと思いますよ。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。