社畜のみなさん、ゲームですよ。 「かんぱに☆ガールズ」

かんぱにガールズ

仕事の休憩時間に、もしくは仕事が終わっていえでのんびりしながら、さらに仕事をするゲームに興味はありますか?

今回紹介するのはDMM GAMESより配信中の「かんぱに☆ガールズ」(以下、かんぱに)。 異世界に迷い込んだ主人公が、そこで出会った「モニク・ワロキエ」と妖精(?)の「ルカ」らと共に傭兵会社を立ちあげ、元の世界へ帰る方法を探すというストーリーです。

本作中では主人公は「社長」と呼ばれ、旅の途中で出会ったり履歴書を送ってくるキャラクター達を「社員」として雇うこととなります。 現実で仕事したあとにゲームの中でまた仕事。 まさに社畜。

かんぱにはブラウザゲームですが、スマホでも遊ぶことができます。 iPhoneならApp Storeから、AndroidならGoogle Playの「DMM GAMES ストア」アプリ内より、それぞれアプリをダウンロードしてください。

素晴らしいことに、ブラウザ版とスマホ版はセーブデータを共有できます。 これにより家ではブラウザ版、外出先でスマホ版を遊ぶというガチ勢も満足な作品となっています。

ブラウザ版でしか売ってないアイテムなどもあるため、両方の媒体で遊んだほうがお得(?)な感じ。 まずはブラウザ版から始めるといいかもしれません。

社員を雇って会社を大きくしよう。 CVに佐藤利奈さんなど。

社員たちはストーリーを進めることで仲間になったり、クエストクリア時に確率で、もしくは1日1回ガチャ形式で履歴書を送ってきたりして仲間になります。

社員にはレア度が存在し、表記は★で、最低が★1最高は★5です。 規定のレベルまで育つとクラスアップが可能で、それにより最高★7まで上昇させることが可能。

採用した社員は、トップページもしくはサイドメニューの“社員”からクラスアップや装備変更などが行えます。 社員のプロフィールやCVの確認、ボイスの再生は“目録”から行うことができます。

ガチャ形式の場合、一度に4つの履歴書が届き、そのうちからひとつを選んで採用という流れです。 基本は茶封筒なのですが、高レアの場合は黒封筒に入って送られてきます。

時には4つすべて黒封筒の場合もありますが、それでも採用できるのはひとりだけ。 かなり悩まされますが、そんな状況になったらちょっとテンション上がりますね。

登場する社員たちのCVを担当するのは、現在判明しているだけで総勢42名もの声優の方々。 その中には佐藤利奈さん花澤香菜さん生天目仁美さん伊瀬茉莉也さんなどの人気声優の方々も。

基本無料なゲームでは人気声優は高レアばかりを担当することが多いのですが、本作では低レアも結構担当してらっしゃるので、声優目当てでも十分楽しめそうです。

パーティー編成と、オート戦闘。 前衛後衛を考えよう

トップページもしくはサイドメニューから“編成”を選ぶと、パーティーを編成することができます。 パーティーは前衛3枠と後衛3枠の計6枠が存在しますが、配置できる社員の数は最大5人。 前衛を3人にするのか、後衛を3人にするのかはプレイヤー次第です。

前衛と後衛のどちらに配置するかで発動するスキルが変わるため、発動したいスキルがどちらにあるかで配置先を決定するのもありです。

ちなみに後衛は非ダメージ減少の効果を得ることができますが、後衛の前に前衛が存在しない場合はこれを得ることができません。 また、前衛が戦闘不能になった場合も同じです。

つまり後衛向きである「マジシャン」や「クレリック」、「アーチャー」などを配置する場合、必ず前衛も配置してやる必要があるわけですね。 特にマジシャンはHPが低いため、前衛なしで配置していると一瞬でやられてしまいますよ。

パーティーは「部隊」と呼称されますが、部隊は初期状態では2つ編成することができます。 さらに部隊数を増やしたい場合、後述する「施設」「社屋」で上限を開放することで増やすことが可能です。

本作の戦闘システムはオート戦闘。 編成したパーティーが自動で戦闘をこなしていく形式です。 となるとプレイヤーは何もすることがないかというと、そうではありません。

挑戦するクエストによっては強敵も出現します。 頑張って育てた社員でも苦戦を強いられることがあります。 そんな時に役立つのが「社長スキル」

社長はなぜか不思議な力をもっており、戦闘中いつでも発動できます。 それは攻撃力アップであったり回復であったり大ダメージを与えたりと、効果はいろいろ。 最初はひとつしか覚えていませんが、社屋のレベルを上げる事で新たな社長スキルを覚えていきます。

社長スキルを使うためには「社長パワー」を使用します。 社長パワーは最大値100であり、時間経過とともに回復していきます。気軽にポンポン使っていると、ここぞという時にパワーが足りなくなりますので、ご利用は計画的に。

ただまぁ、ストーリークエストであれば基本的に社長スキルなしでも普通にクリアできるので、最初の方のストーリーを進めている間はちょっと暇感がありました。

イベントクエストなどでは割と敵が強めなので、そこそこ緊張感をもって遊べます。 調子にのって上のランクのクエストに挑戦したら、普通に全滅しました。

各戦闘のあとは宝箱がドロップします。 宝箱には金・銀・銅が存在し、どれがでるかはランダム。 もちろん金がでるのが一番うれしいのですが、そううまくはいきませんね。

施設を強化することで、いろいろお得なことが

主人公の運営する会社には、「社屋」「装備開発部」「広報部」「資材管理部」の4つの施設が存在します。 社屋では最大社員数や部隊数の上限解放、装備開発部では装備の開発、広報部では広告の作成、資材開発部では資材の補充や資材回復量の増加などが、それぞれ可能です。

施設は資材とゴールドを消費してベルを上げたり、シャインストーンを消費して社員配属数を増やしたりすることも可能。 レベルを上げたり社員配属数を増やすことで施設の能力を強化することができるので、余裕があればこちらにも手を付けておきましょう。

しかし装備開発部などで使用するシャインストーンは配属枠1つにつき1個なのに、広告部のみ10個消費と割高なためすぐシャインストーンが枯渇してしまうのが難点ですね。 特に無課金勢は手にはいるシャインストーンの数に限りがありますので。

ブラウザゲームとして考えるとキャラクターの3Dモデルが若干微妙感がありますが、iPhoneなどのスマホのゲームとして考えればむしろいい感じだと思えます。 雰囲気としては、エミルクロニクルオンラインに似てる気がします。

ブラウザ版でも遊んでれば慣れてきて、そんなに悪くないと思えるようになってきますので、それほど気にすることでもないかもしれませんね。

一番のネックは、ガチャなどで使用するシャインストーンが割高なことでしょうか。 10個でガチャ1回なのに対して、シャインストーンは2個で120円。 つまり10個で600円。 480円で8個+1個の9個セットなどもありますが、ガチャをするには1個足りない……なんて。

ゲーム全体の出来はDMM GAMESのなかでもかなり良い方であり無料でも十二分に遊べるので、ぜひ一度遊んでみてください! 課金に手をだすと泥沼かもですが、課金なんてしてやるものかという気持ちをつよくもって遊べば大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。