新要素に新ポケモン。 「ポケモン サン/ムーン」の新情報

ポケモン サン/ムーン

Nintendo Treehouse:Live @ E3 2016にて発表された、ポケットモンスター最新作「ポケットモンスター サン/ムーン」(以下、サン/ムーン)の新たな情報や、既存の情報のおさらいなどをお届けします。 本作から新登場するポケモンの情報も公開されました。

プラットフォームは3DS。 発売日は2016年11月18日(金)予定となっています。

※本ページでは「ポケモン サン/ムーン」公式ページより、画像を利用させていただいております。

最初の舞台は、5つの島で構成された「アローラ地方」

本作でプレイヤーが最初に旅するのは、4つの自然豊かな島と1つの人工島で構成された、「アローラ地方」

温かい南の島というイメージなので、主人公や島の人々はかなり軽装。 大抵の人が短パンをはいています。 恒例の”たんパンこぞう”だけでなく、”たんパンあにき”とか”たんパンあねき”なんかもでてくるのでしょうか。

アローラ地方を構成する5つの島は、それぞれいろんな特徴をもっています。 ヤシの木らしきものが生えたまさに南国な島や、都会のようにさまざまなお店や建物がある島、大きな岩がたくさんある山岳地帯のような島などなど。

当然それぞれの島で出現するポケモンは違います。 本作ではどんなポケモンが登場するんでしょうね。 楽しみです。

登場人物の一部が公開。 今度の博士は”技”の研究家

本作にもたくさんのキャラクターが登場します。 シリーズお約束の博士にライバル、その他に助手など。

現在公開されている登場人物を、かるくご紹介しましょう。

シリーズお約束の博士「ククイ」

オーキド博士から始まり、今までにさまざまな博士が登場してきました。 そして本作にももちろん登場します。 その名は「ククイ」

ポケモンの”わざ”について研究している博士で、アローラ地方について教えてくれたり主人公に図鑑をくれたりします。 本作に登場する図鑑は「ロトム図鑑」というのですが、詳しくは後述。

あごヒゲやゴーグル、上半身裸のうえに白衣をまとうなどやたら濃い人物。 研究熱心すぎて、ポケモンのわざを自分で受けてみたりもするとか。

ライバルらしくないライバル「ハウ」

こちらもシリーズおなじみ、ライバルポジションの「ハウ」。 ポケモン大好きな食いしん坊少年で、そのおおらかな性格から主人公ともすぐに打ちとけて友達になります。

食いしん坊はダテではないらしく、いつもアローラ地方の名物料理”マラサダ”の店を探しまわっているとか。

ポケモン赤青緑や金銀などをプレイしたことがある人からするとライバルというイメージではないですよね。

博士の助手。 ヒロイン候補の女の子? 「リーリエ」

訳あってククイのもとで助手をしている「リーリエ」。 リリーエではありません。

物静かな性格であり、読書を好んでいるようでたくさんの本を読んでいるとか。 そういった性格からくるのか、ポケモンバトルなどは好きではない様子。

清楚でお嬢様っぽいイメージを受ける、あまりアローラ地方では見かけない雰囲気かつ外見の女の子です。

本作においてかなり重要な役割を持っている人物だそうです。

たくさんの新ポケモンが登場

現状公開されているのは幻や伝説のポケモン「マギアナ」「ソルガレオ」「ルナアーラ」、シリーズ定番の御三家「モクロー」「ニャビー」「アシマリ」、そして「ツツケラ」「ヤングース」「アゴジムシ」の、計9体。

心を持つ人造ポケモン「マギアナ」

マギアナ

およそ500年前に造られた人造のポケモン「マギアナ」。 胸には”ソウルハート”と呼ばれる、ポケモンの生体エネルギーを集めて作られた人造の命が埋め込まれています。

現状わかっている入手方法は”映画「ボルケニオンと機巧のマギアナ」の入場者プレゼントについているQRコードを、本作の新機能で読みとる”ことのみ。 その後の配布予定などは不明です。

タイプは”はがね・フェアリー”で、特性はポケモンが倒れるたびに”とくこう”が1段階上がる「ソウルハート」。 その他に、専用技「フルールカノン」を覚えています。

太陽を喰らいし伝説のポケモン「ソルガレオ」

太陽の使者として崇められる伝説のポケモン「ソルガレオ」。 別名、「太陽を喰らいし獣」。まるで太陽のようにたてがみを大きく広げ、常に光を放ちながら活動しているそうです。 まぶしそう。

サンにのみ登場するポケモンで、物語の重要なカギを握るポケモンです。伝説のポケモンがカギを握っているのは定番ですね。

タイプは”エスパー・はがね”で、特性は技や特性で能力を下げられない「メタルプロテクト」。 得意技は「メテオドライブ」です。

太陽を模しているからタイプは”ほのお”かと思ったら、それが逆に弱点とは。 火に弱い太陽とはこれいかに。

月を誘いし伝説のポケモン「ルナアーラ」

月の使者として崇められる伝説のポケモン「ルナアーラ」。 別名「月を誘(いざな)いし獣」。 頭と羽、尻尾が月の形を、そして左右の飛膜に2つずつ付いているものが星の形をそれぞれ模しています。 ソルガレオとは逆に、ムーンにのみ登場。

タイプは”エスパー・ゴースト”で、特性はHP満タンのときに受けるダメージが少なくなる「ファントムガード」。 得意技は「シャドーレイ」

ソルガレオと比べると特性がイマイチですが、シャドーレイがとてもカッコイイので、ぜひ実際に見てみてほしいですね。

音もなく攻撃を仕掛ける「モクロー」

モクロー

最初に選べる3匹のポケモンのうちの1匹「モクロー」。 名前と見た目からなんとなくわかると思いますが、フクロウのすがたをしたポケモンです。 同じフクロウ系のポケモンには「ホーホー」などが存在します。

タイプは”くさ・ひこう”で、特性は「しんりょく」。 属性一致の初期技に「このは」を覚えています。

フクロウなだけあって首が180°ちかく回転し、戦闘中にちょこちょこプレイヤーの方を”首だけで”振り向いてくれます。

“ぐりんっ”という効果音が聞こえそうな勢いで回転しするので、人によってはキモイと思ってしまうかもしれませんね。 私はかわいいと思いましたが。

毛玉を燃やして攻撃「ニャビー」

ニャビー

最初に選べる3匹のポケモンのうちの1匹「ニャビー」。 子猫のすがたをしたポケモンです。 同じネコ系のポケモンには「ニャース」などがいますね。

タイプは”ほのお”で、特性は「もうか」。 属性一致の初期技に「ひのこ」を覚えています。

赤と黒の毛色から、なんとなくほのおタイプだろうなと想像はついたと思います。 非常に見た目が愛らしく、ネコ派の人はおそらくニャビーを選ぶのではないでしょうか。

ニャビーの毛は油分を含んでいてよく燃えるらしく、生え変わる時期には古い毛を一気に燃やしてしまうとか。 しかしニャビーをペットとして飼っている人からすると、家が全焼してしまわないか気が気でないのではないでしょうか。

水のバルーンを操る「アシマリ」

アシマリ

最初に選べる3匹のポケモンのうちの1匹「アシマリ」。 あしかをモチーフにしたポケモンで、分類もそのまま”あしかポケモン”。

タイプは”みず”で、特性は「げきりゅう」。属性一致の初期技に「みずでっぽう」を覚えています。

お調子者ではあるものの、頑張りやな一面も。 水族館で行われるアシカショーをイメージした設定と思われます。

アシマリは鼻息を使って水のバルーンが作れるようです。 バトルでは、それを使用した多彩な戦術を繰りだすとか。 おそらく専用技かなにかが存在するのでしょうね。

秒速16連打で木に穴をあける「ツツケラ」

ツツケラ

E3 2016で初めて発表ポケモンその1、「ツツケラ」。 キツツキをモチーフとしたポケモンです。 タイプは”ノーマル・ひこう”、特性は「するどいめ/スキルリンク」

秒間16回もの速さでクチバシ打ち付けることができるらしく、その威力は岩石すら粉砕するほど。 そこまでいくと、”つつく”ですら”つのドリル”なみになりそうですが。

ちなみに16連打といえば高橋名人です。 おそらく最近の人は知らないと思いますが。 高橋名人も秒速16回ボタンを押すことができ、その威力は岩石すら粉砕する……ことは流石にないと思います。

ツツケラはクチバシで木をつつく音で、仲間とコミュニケーションを取ります。 岩石すら粉砕する威力のつつくでコミュニケーション取ってたら、木が何本あっても足りないでしょうけど。

大食いの暴れん坊「ヤングース」

ヤングース

E3 2016で初めて発表ポケモンその2、「ヤングース」。 マングースをモチーフとしたポケモンで、意地悪そうな顔が特徴です。

タイプは”ノーマル”、特性は「はりこみ/がんじょうあご」。 2種類の特性のうち”はりこみ”は本作から新登場です。 交代して出てきたポケモンに対し、2倍のダメージを与えるという効果。 “バトンタッチ”などの技をもつポケモンに対してや、対戦で役立ちそうな特性ですね。

ヤングースという名前、なんだか聞き覚えがありますよね。 そう「ザングース」です。 詳細情報はありませんが、もしかするとザングースの進化前がヤングースなのかもしれません。

そもそもはアローラ地方にはいなかったものの、あるポケモンが大量発生したときにその対策として連れてこられたとのこと。 “あるポケモン”というのは、もしかすると「ハブネーク」の進化前なのかも?

丈夫なアゴで戦う「アゴジムシ」

アゴジムシ

E3 2016でも公開されず、公式サイトで特別に公開されたのが「アゴジムシ」。 おそらくウジ虫をモチーフにしたポケモンだと思われます。 やたら発達したアゴがキモイ。 タイプは”むし”、特性は「むしのしらせ」

見た目通り、そのアゴは非常に強力で、土の中を移動するときなどに役立つとか。 アゴ以外に、口から粘着性の糸を吐き出し、その糸でワイヤーアクションのような動きすらできるようです。

アゴジムシは電気を好むため、発電所などの近くでみつかります。

それにしてもこの見た目、同じく任天堂から発売されている「ピクミン」に登場する、”あの虫”によくにててなんだか……。

新型図鑑「ロトム図鑑」登場

本作からこれまでのポケモン図鑑が一新され、「ロトム図鑑」となって帰ってきます。

ロトム図鑑はポケモン図鑑に「ロトム」が入り込んだ姿。 今までのようなただの機械ではなく、意志をもって主人公にアドバイスしてくれるパートナーとなります。

“図鑑”という記録媒体に入り込んだ影響か、なぜか言葉を喋られるようになっています。 アニメ版ニャースの努力は、一体なんだったのか。 そしてこんな画期的な発明ができる、ポケモンの世界の人々の科学力はなんなのか。

ロトム図鑑には、2つの新機能が搭載されています。 “目的地の表示”と”QRスキャン”です。

目的地の表示は、主人公たちの会話をもとに、次の目的地をセットしてくれるというもの。 会話を飛ばしてしまってわからないとか、目的地の名前はわかっても場所がわからないといった心配がなくなります。

もうひとつの新機能QRスキャンは、“QRコード”を読み込むことで、対応したポケモンの情報がチェックできるというもの。 身の回りにあるいろんなもののQRコードを読み込んで、目的のポケモンの情報を入手しましょう。

ポケモンの生息地なども見ることができるようなので、どこにいるかわからないという場合は、身近なQRコードを片っ端から読み込んでみてもいいでしょう。

新モード「バトルロイヤル」の搭載。 4人のトレーナーが入り乱れる

本作の新モード「バトルロイヤル」は、プレイヤー同士のあたらしい対戦方法。 これまでの1対1という形式ではなく、1対1対1対1、つまり4人での乱闘ということになります。

戦況に応じて各プレイヤーに順位がふられ、誰かひとりの手持ちポケモンがすべて倒れた時点で試合終了。 その時の順位によって、勝者が決まります。

運が悪ければ他のプレイヤーから総攻撃をうけたり、逆に運が良ければ何もしないまま他のプレイヤーが共倒れしたりするかもしれません。 誰が誰を攻撃するか、なかなか深い読みあいが必要とされると思われます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。