妖艶で脳天気な美人踊り子。 「DQH2」での「マーニャ」を評価

amarec(20160611-1505).mp4_snapshot_14.02_[2016.06.13_03.12.51]-crop

今回は「マーニャ」の本作「ドラゴンクエストヒーローズ2」(以下、DQH2)での性能の評価をお届けしたいと思います。 同じく本作に登場する「ミネア」の姉であるマーニャですが、どんな特徴があるのでしょうか。

陽気で妖艶な美人踊り子。 しかし根っこは意外と真面目

ヒーローズ2マーニャ

マーニャは「ドラゴンクエストⅣ」(以下、DQⅣ)からのゲスト参戦で、同じくDQⅣから参戦するミネアとは姉妹になります。 担当声優は沢城みゆきさん

初登場時……というより全編通してわりとダメなおねえちゃんで、ミネアが占いでせっせこ稼いだお金を、カジノでほとんどスッてしまうようなダメっぷり。

しかしその半面、真面目なところがあったり感受性豊かなところがあったりするため、自分に正直といった感じなのでしょう。

すこし違うかもしれませんが、シティハンターの主人公「冴羽りょう」のような感じでしょうか。 普段はおふざけ気味だが、決めるところは決めるみたいな。

出演元であるDQⅥでは父親の仇である「バルザック」への復讐を目的として旅を続けているのですが、その割にはカジノで散財したりなんだりと、本当に復讐する気があるのかと疑ってしまいます。

しまいにはミネアにまで疑問を持たれる始末。 ダメだこのおねえちゃん。

マーニャの戦闘スタイルや運用方法など

圧倒的手数が特徴。 連続HIT数999も夢じゃない

ヒーローズ2マーニャ攻撃

マーニャは「扇」を使用した、舞うような戦いかたが特徴です。 通常攻撃、特技ともにHIT数が多く、上手くやれば999HIT(カンスト)も夢ではありません。

最大の特徴は、100HIT以上コンボをつなげると「ピンクスローフォール」状態となり、空中での落下速度が低下し、空中で自在に動けるようになります

対応したスキルを習得すれば、コンボ継続時間が伸びたり、空中で”みかわし”ができるようになったり、”みかわし”の性能がさらに上昇したりします。 特に空中での”みかわし”はかなり便利なので、優先して習得したほうがいいでしょう。

ここまでだと非常に強力なキャラクターに思えますが、実際は結構上級者向けといえます。

ヒーローズ2マーニャ瀕死

マーニャは防御力とHPがひくく、ギガンテスなどの攻撃力のたかいボスから一撃もらうとほぼ即死ということもままあります。 なら回避すればいいじゃないという話なのですが、各モーションの長さが問題に。

通常攻撃に特技、あらゆる行動のモーションが長めなので、タイミングによっては回避が間にあわないということもしばしば。 そこにHPと防御力のひくさが影響し、やられてしまうのです。

もし生きのこったとしても一度でも攻撃を受ければHIT数は強制的にリセットというのも、なかなかにネック。

全体的にみて、非常にテクニカルといえますね。 扱いになれてきたら、かなり強い部類に入るとは思いますが。

扇を使用した特技で敵を翻弄する。 強力な攻撃魔法も

マーニャの習得スキルの8割は扇関係の特技で、その他に攻撃呪文「ギラ系」、ユニーク特技「さそうおどり」があります。

ヒーローズ2マーニャピンクタイフーン

便利でおすすめなのが「ピンクタイフーン」。 ピンクの竜巻をまとい上昇しながら攻撃する特技なのですが、なんと発動後に擬似的に100HITが条件であるはずのピンクスローフォール状態になることができます。 100HIT版とのちがいは空中みかわしなどができないこと。

しかし便利なだけというわけでもありません。 落下速度がおそいうえに”みかわし”もできないということは、攻撃をうける可能性もたかくなるということ。 コンボをつなぐには最適ですが、安易にぽんぽん使ってたらすぐにやられてしまいかねませんので、使用するときは要注意。

ヒーローズ2マーニャ疾風演舞扇

特に短所もなく使いやすいのが「疾風演舞扇(しっぷうえんぶせん)」。 前方に2匹の火竜による竜巻を作りだして攻撃する特技です。

敵に接近する必要がないため攻撃をうけにくく、HIT数も悪くないので安定してコンボを繋ぎたいときなどに役立ちます。

ヒーローズ2マーニャ回転演舞

そしてボスモンスターとの戦闘で真価を発揮するのが「回転演舞(かいてんえんぶ)」。 縦に回転しながら攻撃する特技ですが、地上では任意の方向に突撃し、空中ではその場から地面に向かってゆっくり落下していきます。 この空中での回転演舞が、かなりの火力を発揮してくれるのです。

この特技は空中でHITした場合、落下速度が少し低下、もしくはその場に停滞するという特性があり、上手くボスモンスターの頭上などで発動すると、モンスターが移動しないかぎり延々攻撃し続けることが可能

もちろんその間に攻撃をうければふっ飛ばされますが、ハイテンション状態であれば問答無用で攻撃を続けます。 しかも着地するまでは超必殺技を発動しないので、ハイテンションが終わるギリギリで発動することで、さらなるダメージを稼ぐことができるわけですね。

使いどころは、ボスモンスターがひるみ状態になったときなど。

ヒーローズ2マーニャドラゴラム

超必殺技は「ドラゴラム」。 巨大なドラゴンに変身してモンスターを燃やし尽くす技です。 数ある超必殺技のなかで、唯一キャラクターの原型をとどめていない状態での攻撃で、なかなかユニークだと思います。

本作中に登場するドラゴンというより他のシリーズの「グレートドラゴン」に近い姿。 女性らしさからか体色はピンクなのですが、正直あんまりかわいくない……。

圧倒的手数の多さを活かすために”きようさ”を

前述のとおりHIT数を稼ぎやすく、手数がかなり多いです。 そのため“きようさ”との相性がバツグン。 結構な確率で”会心の一撃”をだしてくれます。 特に回転演舞中に会心の一撃が連発したときの爽快感は素晴らしい。

“きようさ”以外だと“MP”もある程度はあったほうがいいですね。 HIT数を稼ぐなら、特技を絡めるのはほぼ必須ですので。 “ちから”の強化はお好みでどうぞ。

反対に”HP”はあまり必要ではないでしょう。 そもそも死にやすいキャラクターなので、HPを強化したところで強いモンスター相手には雀の涙ほどの効果しかありません。 それよりは他の「みかわし強化」などの強化スキルを習得したほうがいいと思います。

総評

圧倒的手数の多さによって驚異的なスピードでHIT数が伸びていくのが爽快なキャラクターです。 攻撃性能がたかい反面、打たれ弱さからくる生存率のひくさも目立ち、かなり上級者向けだと言えるでしょう。

攻撃からの回避をしっかりとこなすヒットアンドアウェイ戦法に慣れないと扱いが難しいので、マーニャをメインにするのは他のキャラクターで上手くプレイできるようになってからのほうがいいかもしれません。

逆をいえば、マーニャを扱えるようになればプレイヤースキルはかなりたかくなっているはずなので、まずマーニャになれるというスパルタ教育的な使い方もありかもしれませんね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。