農業ゲーム「Farming Simulator 15」 農業のやり方を1から解説! ~耕作編

654908gfdo

今回お話するのは、耕作の基本やコツについて! 畑を耕すところから収穫までの基本的なながれを解説しますね。

まず耕作で必要な農業機械は「トラクター」「収穫機」のふたつ。 そして必要な器具は「カルティベーター」「播種機(はしゅき)」「散布機」「カッター」の4つ。

耕作の基本を勉強しよう!

収穫までの流れは

① 畑を耕す
② 肥料をまく
③ 種をまく
④ 収穫する

という感じ。

それでは始めて行きましょう。 まずは畑を耕すところから。

畑を耕そう!

2015-12-07_00006 2015-12-07_00007

畑を耕す際には「カルティベーター」使用します。 耕すときは、畑の真ん中からとかそんな中途半端なところからではなく、必ず端からはじめましょう。

そして畑というのは殆どが長方形になっていますので、直線の長いほうから始めてください。 そのほうが手数が少なくてすみます。

一列終わったら反転して次の列、一列終わったら反転して次の列という流れを、畑の全体を耕しおわるまで繰り返しましょう。

肥料をまこう!

2015-12-11_00002 2015-12-11_00003
2015-12-11_00004

耕し終わったら、次は肥料をまきましょう。 ……と、いいたいのですが、ゲームを始めた当初は「散布機」なんて持ってませんよね。 なので、ここは飛ばしても大丈夫です。

ただ、資金に余裕ができて散布機が買えたら、ここもやっておくと収穫量が2倍近くに増えますよ。

さて、肥料をまく前に肥料そのものを補充しにいきましょう。 中身がからだと、まこうにもまけませんからね。 補充場所は画像にうつっているタンク。

補充したら、耕すときと同じように畑の全体にまいていきましょう。

種をまこう!

2015-12-07_00008 2015-12-07_00009
2015-12-07_00013
2015-12-11_00001

その次が、種まき。 「播種機」を使って種をまいていきますが、こちらも散布機と同じように種を補充する必要があります。 補充場所は画像にうつっている袋。

補充したら、これもまた同じく畑全体にまいていきます。

種まきをしているときは、ときどき残量を確認しましょう。 もし少なかったら、きりのいいところで補充に向かいましょうね。 別になくなってからでもいいのですが、こっちのほうがプロっぽいでしょ?

種をまきおわってしばらくすると芽がでてきますので、成長しきるまで待ちます。 小麦色になったら収穫どきです。

ついに収穫!

2015-12-08_00001 2015-12-10_00001

そして最後は収穫。 収穫で使うのは「収穫機」「カッター」。 成長しきった作物どもを、コイツで一気に刈りあげてやりましょう! 一度に収穫できる量には限度があるので、満タンになるたびにトレーラーにうつしましょう。

全て収穫がおわったら、また最初の耕す作業にもどります。 これを繰り返して、収入を得ていくわけですね。

ちなみに「収穫機」「カッター」は別々のものなので、収穫機をの位置をリセットするとカッターとの接続は解除されます。 そのため、もう一度つけ直さなくてはいけなくなるので、注意です。

……いかがでしたか? 参考にしていただけたなら、嬉しいです。 次回は林業を解説したいと思います。

それでは、また!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。