脱出ゲーム「GuestRoom」の攻略ルートを解説! 仕掛けなども細部までしっかり網羅! ~中編その2

5489ydhf

脱出ゲーム「GuestRoom」攻略解説第3弾! 前回の続きで、1階の仕掛けから最後の部屋に突入までです。 ちょっと遅くなっちゃいましたね、すみません。

今回もネタバレまみれですので、一度遊んでからの閲覧を推奨します!

それでは、下へどうぞ。

ネタバレ注意! GuestRoomを解説!

6578yghjdsi t4h987gfdsiu

前回の続きです! 2階の仕掛けを解いたところで終わりましたので、今回は1階の攻略からはじめましょう。

さて、まずは1階の正面にある「棚」を調べてください。 棚にはふたつ調べられるところがありますが、そのうちの右側にある「凸」みたいなヤツを調べましょう。

最初は電源がはいっておらずどうすることもできませんが、この機械の右側を調べるとヘコみを見つけることができますので、そこに手にいれた「USBメモリ」を差し込んでください。

すると機械の電源が入り、ビデオデッキの再生ボタンや停止ボタンのような、4つのボタンが押せるようになります。

ht578fiusdg jw89gfdhhsf

これを正しい順番で押すことにより、次の仕掛けのヒントが現れます。 順番のヒントは、2階にあった「4枚の板」の2番めと、1階の後ろにあった「記号の書かれた板」「N」みたいな形をした矢印のとおりに記号を押していくという意味です。

これに従ってボタンを押すと、なにやらアルファベットの羅列と、下に4つの四角があらわれます。 これは「行(横方向)」ではなく「列(縦方向)」で考えるもので、1列ごとに規則性があるのです。

45389yfgds

1列めは、順番にならんだアルファベット。 「a・b・c・d・e・f・g」というふうに正しい順番であるということなので、それにしたがって「i・j・k」ときて最後が「l(エル)」

2列めはちょっとわかりづらいですが、「6・F・8」と並んでるように見えます。 しかしこの「F」は、実は数字の「7」。 よく見るとFが反対を向いているのがわかりますね。 よって最後は「9」

3列めも同じようにアルファベット順。 「P・Q・R」と順番どおりにきているので、最後は「S」

4列めだけちょっと毛色が違います。 「W・E・M」と、一見なんの規則性もなさそうに見えますが、これは「W」90度ずつ右に回転しているのです。 よって最後は「M」を回転させて、数字の「3」

最後に、出揃った4文字「l・9・S・3」のうちアルファベット部分を、形の似た数字に変換します。 「l」「1」で、「S」「5」。 変換すると「1953」になりますので、この数字を覚えておきましょう。

9845yghidu IMG_1031

続いて棚の左側の仕掛けを解きましょう。 こちらは簡単です。

見覚えがあると思いますが、これは2階の仕掛けを解いたときに一瞬表示されたアレです。 4つあるパネルのそれぞれをタップすると表示が変わりますので、さっきの「1953」になるまでタップしてください。

r87egfdis

数字を合わせるとパネル部分が外れて、ボタンが現れます。 このボタンを押すと、部屋の右側奥の、机の上の仕掛けの電源が入ります。 ……「の」が多いな。

ともかく、ここの仕掛けを解き終わったら、部屋の右奥にある仕掛けに向かいましょう。

68945guids 435987gdfiu

さて、ここの仕掛け。 正直いって、普通に考えてもそうそう答えには辿りつけないと思います。 だって「D・F・F・F・F・L・F・D」などと羅列されても、なにこれ? となるだろうし。

かろうじてヒントたり得るのは、最初と最後の「D」、そして途中の「L」。 あとは8文字であるということと、途中の四角にはいるのは「F・M・R・S」だけであることくらい。 ……あれ、意外とヒントあるかも?

まあ兎にも角にも、これらのヒントから導き出されるのが、これは「音階」であるということ。 音楽の授業などでおなじみの「ドレミファソラシド」のイニシャルのことなのです。

「ドレミファソラシド」はイタリア語で、正しい表記は「do・re・mi・fa・sol・la・si・do」。 そのそれぞれのイニシャルを取って、こたえは「D・R・M・F・S・L・S・D」

余談ですが、英語で表記すると「C・D・E・F・G・A・B・C」。 Cから始まる、A~Gまでのアルファベットになっています。

それはそれとして、正しく当てはめると中から「カードキー02」が入手できます。

IMG_1074

カードキーを入手できたら、2階の右側にある「ロックされたドア」を開けて、次の部屋へむかいましょう。

といったところで、今回はここまで! 最初の部屋とくらべて、ぐんと難易度があがったように思えました。 最後の部屋にはどんな謎解きが待っているのでしょうね? お楽しみに。

それでは、また!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。