PS4でマインクラフト! サバイバルとクリエイティブの違いって? ~クリエイティブ編

クリエイティブ編

クリエイティブの特徴や魅力

「クリエイティブ(Creative)」というのは「創造的な / 独創的な」といった意味の英単語です。 そう、つまりクリエイティブは創造するためのモード。

というわけで、サバイバルにあった“体力”とか“空腹度”とか“レベル”とか“経験値”とか、そういった創造するうえで必要ないものは全部撤去! あるのは所持品欄ぐらいのものです。

しかも所持品欄にあるものはいくら使ってもなくなりませんし、またそれらを作る必要もありません。 だっていつでも取りだせますから。 作る必要がないということは、冒険をする理由もないわけですね。

スポンサーリンク

そして体力などの概念がないためか、敵モンスターは攻撃してきません。 クリーパーのそばにいたって爆発しないし、エンダーマンを直視しても怒りません。 非常に平和なモードです。

それを利用して、動物園のように敵モンスターを眺めることができます。 ただ注意しなくてはいけないのが、流石にこちらから攻撃すれば、モンスターも反撃します。 ダメージは受けませんが、クリーパーなんかは爆発して建物や土地を破壊しかねませんよ。

kurahuto8

さて、クリエイティブの最大の特徴にはそんな四次元ポケット並のなんでもアイテム画面だけでなく、ジャンプキー2回でできる「空中浮遊」もあるのです。

“ジャンプキー”で上昇し、”スニークキー”で下降。 ダッシュすれば、相当なスピードで移動することができます。

動画投稿サイトにあがっている建物紹介動画の大半は、これらの機能をつかって建築されたもの。 サバイバル編でもお話しましたが、サバイバルで巨大建築をしようとすると相当時間がかかります。 規模によっては年単位で。

これら以外の特徴としては、ブロックを一発で掘ることができるというものがあります。 時どき2個ブロックを掘ってしまうほとがあるので注意が必要ですが。

クリエイティブをつかいこなせば

そんな様ざまな建築に役立つシステムを駆使することで、ありとあらゆるものが建築できます。

ごく普通の家なんて当たり前。 クリエイティブで”創造”すれば大きな城だって建てられるし、映画の世界だって再現できるのです!

自分の思うものを、思うように作ることができる。 それがクリエイティブなわけですね。

サバイバルで建築するまえに!

kurahuto35

サバイバルで遊んでいると、ふとアイデアが浮かんできます。 しかし頭のなかの即席の設計図を、どうにかこうにか苦労して完成してみたら、なんか思ってたのとぜんぜん違う! なんてことになることも……。 下手に完成させちゃって、解体するのも面倒。

そんなことにならないように、クリエイティブを”仮組み”に利用すると良いかもしれませんね。 こちらなら手直しも簡単ですし、さらに仮組みようのワールドを別につくってのもありです。 どれだけ滅茶苦茶やっても、ワールドを作りなおすだけで済みますので。

さて、サバイバル編とクリエイティブ編、2回にわけてお話しました。 これを見て、マインクラフトに少しでも興味をもってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

みっつん

ゲームやアニメなどのインドア系娯楽が大好きです! 新しいゲームの情報や攻略情報などについて話したくてブログをはじめました。 ブログの更新情報などは、Twitterでお知らせしたいと思います。